Dennis 50

インターネットで本当にコミュニケーションは変わったのかなあ? 購買行動は変わったのかなぁ? できる限り、実験してみたいと思います。

2018/01/25(木) 晴れ 訪日観光客向けのサービスをスタートしました

訪日観光客向けの新しいサービスをスタートしました。「pop-cul.jp」という名前です。 C03POPculLOGO
日本に外国から来た観光客の皆さんに、神社仏閣だけでなくて日本のポップ・カルチャーを体験してもらうプログラムです。
1月から提供を開始しているのはこの2つのプログラムです。

原宿でインスタグラマーとお買物体験「Harajuku Fashion」
23
世界のポップ・ファッションの中心地「原宿」。ここでしか手に入らない洋服やアクセサリー、ユニークな雑貨を手に入れるため、ここを訪れたいと夢見る若者は今や世界中に数えきれません。
「Harajuku Fashion」は、Instagramで多数のフォロワーを持つ原宿ファッションのインスタグラマーrikarinさん(https://www.instagram.com/rikarin0526/)の案内で、自分にピッタリのお店でお買物ができる4時間の体験プログラムです。
11

インスタグラマー自身が英語で案内役を務めるので、よりスムーズなコミュニケーションが図れるというメリットのほか、その特話題のカフェに立ち寄っておしゃべりする、といった原宿ならではのお楽しみ体験もあります。
27

現在、1月31日と2月の開催分を募集中です。 この期間は「Pilot Program」として無料で実施中です。ただし、写真を撮影して当社のウェブサイトで公開したりメディアにこれを配信することと、終了後にアンケートにお答えいただけることとが条件となります。
詳細は 日本語の案内ページ http://ent-mktg.jp/popculjp/jan2017harajuku/
英語の募集ページ http://pop-cul.jp/fashion/shop-and-walk-with-fashion-instagramer/finally-actual-program-starts-on-jan-17/ をご覧ください。

MANGA描画体験「MANGA DRAWING」
IMG_20180104_142446-225x300
欧米でも注目される日本の「MANGA」。パリやニューヨークといった大都市では書店に専門コーナーが設けられるほどの人気です。そんな日本の「MANGA」は、欧米の「COMICS」とはまったく異なる技法を使うので、体験希望者は海外にも大勢います。
pop-cul.jpでは、プロのマンガ家を養成する「日本マンガ塾」と共同で、訪日観光客向けのMANGA描画1日体験プログラム「MANGA DRAWING」を開発、2018年2月19日から毎週月曜日に開催します。
参加者には、マンガ原稿の作成に必要な専用原稿用紙やペン軸とペン先、パイロットの製図用インクなどのマンガ道具一式を揃えた「MANGA基本セット」を配布します。これだけで約1万円の価値があるものです。
講師を務めるプロのマンガ家が日本語でレクチャーし、通訳が翻訳しながら、約8時間をかけて「コマ割り」「ペン入れ」「ベタ」「スクリーントーン貼り」といった日本独自のマンガの基本テクニックを学びながら作品を仕上げていく内容で、完成作品は記念として額に収めた形で持ち帰ることができます。
IMG_20180104_142603-300x225

詳細は 日本語の案内ページ http://ent-mktg.jp/popculjp/feb2018manga1day/
英語の募集ページ http://pop-cul.jp/animemanga/manga/manga-drawing-in-1-day-program-starts-in-february-2018/
をご覧ください。

今後増加するプログラム
 秋葉原のコスプレ・スポットを巡り、最後に写真館でコスプレした写真を撮影するプログラム 2018年3月スタート予定
 ホームパーティで忍者ショーができるようにする1日トレーニング
 ホームパーティで提供するオリジナルのラーメンを提供できるようにするプログラム
 アニメのアフレコを体験できるプログラム
などを企画中です。

背景
現在日本政府は国策で訪日観光客の増強に努めています。 日本を訪れる外国人は年々増加し、2016年には2403万9000人にも達しました。
Traveler_Japan_20170110j-01-w410
2020年にはオリンピック・パラリンピックも控えていることもあり、2017年5月に、「改正通訳案内士法」が成立し、2018年1月4日に施行されました。 これは、訪日外国人の受け入れ拡大のため、通訳の有償ガイドを無資格でもできるようにするものです。これまでは「通訳案内士」という国家資格が必要で、訪日外国人向けの観光ガイドが足りなくなっていました。 (観光庁のウェブサイト: http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000333.html
「通訳案内士法」は昭和24(1949)年に制定された法律で、当初は、レベルの低い者が許可なく外国人の観光案内をするのを食い止めるものでした。この国家試験は合格率2割程度と大変な難関です。英語や中国語などの語学の他、日本の地理や歴史、現代日本社会に関する難問が並ぶ試験です。
外国語が得意な外国人は日本語で行われる地理や歴史の試験がお手上げでしたし、センター試験の合格レベルと言われる地理や歴史の試験を通過しても、日本の若者には外国語の試験が難関でした。
このため、通訳案内士の有資格者は学術経験ゆたかな人々に限られ、合格者の年齢も50代30.5%、40代26.3%と高くなっていました。
神社仏閣や伝統芸能の解説はできても、マンガやコスプレといったポップ・カルチャーを案内するにはいささか不向きな人が多かったというのも事実です。 2018年1月4日の規制緩和以後は有資格者でなくとも訪日外国観光客に有償ガイドを行なうことができるようになります。
エンタテインメントマーケティング株式会社ではこの機をとらえ、マンガや原宿ファッション、コスプレといった日本のポップ・カルチャーをリアルに体験できるプログラムを開発し、このたび実施することになりました。
日本のポップ・カルチャーに興味のある外国からのお客様がいらしたら、ぜひご紹介ください。 よろしくお願いします。

2018/01/24(水) 晴れ 【高島平団地】大雪の後、みんなで雪かき

東京に雪が降った。20cm以上積もるのは2013年2月に27cm積もって以来のことなのだそうだ。

20180123Takashimadaira

高島平団地は高齢者の団地である。1972年に完成して、それ以来ずっと住んでいる人も多いことから、土地柄現役時代は都心の会社に通い、いまでは定年を迎えて長い時間をこの団地で過ごす人が多いのである。

そのためか、こういったときには共同作業が始まる。多くの老人が一斉に雪かきを始めたのである。

20180123Yukikaki
都会ではあまり雪かきをしない。せめて自分の家の前だけでもやればいいのに、と思うのだけれど、どうもそういう意識はないようだ。
ところが、この団地では、こういうときには高齢者が一斉に活動を始めるのである。

困ったことに、老人たちは自分の活動範囲にしか興味がなく、自分が動ける程度にしか雪かきをしないのである。
一夜明けた翌日には、半端に残った雪が凍結してブラック・アイスバーンを形成してしまい、危ない危ない。

20180124
みんな自分の住戸の周囲だけしか雪かきしないから、一番人が集まる駅前は全く手付かず。多くの人が雪を踏み固めるから、もうこの辺はカッチンカッチンである。
20180124TakashimadairaStatiomn

残念ながら、高齢者のコミュニティが出来上がっているのではなくて、自分のことだけ考えていたようである(笑)。

2018/01/18(木) くもり 直木賞を取ってほしかった作品『彼方の友へ』

158回芥川賞・直木賞が発表された。受賞したのは門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』である。

私には、今回の直木賞には取ってほしかった作品がある。伊吹有喜さんの『彼方の友へ』である。

彼方の友へ
伊吹 有喜
実業之日本社
2017-11-17




この作品は、1908年から1955年まで実業之日本社から刊行されていた雑誌『少女の友』を題材にした小説である。

『少女の友』は竹久夢二や中原淳一が活躍した場で、読者を「友」と呼び、戦前戦中戦後という激動の時代に、日本中の少女たちを励まし、センスよくさせ、毎日をワクワクさせてきた雑誌である。

 

小学校卒業後、女中奉公をしていた主人公の佐倉波津子は、ひょんなことからこの雑誌の主筆の雑役婦となる。その後、この雑誌で小説を連載するようになる。小学校卒のまったく学歴のない普通の少女が、である。

戦争が激化してくると、編集部の幹部社員の多くは徴兵されてしまう。その結果、今度は彼女はなんとこの雑誌の主筆となってしまう。

 

全国の読者=「友」のために情熱をもって生きていく主人公とその周囲の前主筆、画家、編集長といった人々が、温かく描写されていて、なんとも気分の良い小説である。

 

たまたま、この作品は実業之日本社の120年記念作品だから、宣伝くさく見えてしまったのかもしれないけれど、温度とスピードが2018年という今の時代にちょうどいい作品である。

この作品に、直木賞じゃなくてもいいから何か冠を上げたいな。

 

2018/01/12(金) 晴れ お金を送るコスト

甥っ子には毎年必ずお正月に長野県松本市の「おじいちゃんの家」でお年玉を渡してきた。ところが今年は大学受験ということで松本に来なかった。電話で話したところ「お年玉は現金書留で送ってほしい」というので送った。
「LINE PAY」でも「PayPalでもなんでもいいよ」と言ったのだが、お年玉はポチ袋に入った形で受け取りたいみたいだった。

20180112_Post

現金書留だなんて使うのは何十年ぶりだ。
郵便局に行くとまず現金封筒を購入。21円である。
手紙と1万円を入れて窓口に持っていくと、中にいくら入っているか聞かれたので1万円と答えると、料金は512円だという。普通郵便82円と書留代430円だそうである。現金封筒の代金と合わせると533円。けっこうな金額である。

ジャパンネット銀行だと、他行あて3万円未満172円、3万円以上で270円で、ここしばらくでこの金額にすっかり慣れてしまったので、533円の高さにはびっくり。
故あって昨年末に信用金庫とのお取引を始めたのだけれど、信用金庫の窓口からの振込だと3万円以上864円。これは今となっては異常だよね。口座ができてお金が入っていても、キャッシュカードが届くまでは、仕方がなくこの手数料を支払っていた。

送金コストは、なぜ今もこんなに高いのか?
とくに海外送金の手数料である。ジャパンネット銀行からは海外送金ができないので、取引のあるもう一つの銀行であるみずほ銀行から海外に送金すると一律5,500円がかかり、この他に海外で発生する手数料について、「依頼人負担」をお客さまが選択された場合は、別途、コルレス先支払手数料2,500円が必要となるので、しめて8,000円。そうそう簡単には送金したくなくなる手数料である。しかも、事前に「外国送金サービス申込書」および「外国送金明細書」の提出が必要となる。しかも「受取人との関係、送金目的、送金頻度、一回当たりの送金額」等が事前にご提出いただいた外国送金明細書の記載内容と異なることが判明した場合は、お取り扱いできません」とのことである。
インターネット銀行の中でも海外送金ができる銀行もあり、楽天銀行はその一つである。楽天銀行では、ドルなどの外貨で送金すれば1件あたり1,000円で済むのだけれど、海外からの送金の受取には1件あたり2,000円がかかる。
最近は、海外との小口のお金のやり取りは、ほとんどPayPalになってしまった。PayPalだと、お金を受け取るときは海外からで月間30万円以下だと3.9%+1件あたり40円。PayPalから銀行口座にお金を移す時に5万円未満の場合 250円かかる。だけれどそれだけ。10万円受け取るのに3,940円。これでも「安い」とはいえないよね。

こうなると、海外の小口送金はビットコインを使いたくなる。
日本の取引所の場合、GMOコインは送金手数料無料。GMOコインがこれを負担するのだそうである。
bitFlyerは1件あたり0.0004 BTC。本日のBTC/JPYは約170万円だから約680円。coincheckは0.0005 BTCだから850円程度になる。
別にビットコインの相場を張る気なんか全く無いけれど、もう銀行のシステムなんか使う気にもならないよね。

2018/01/01(月) 晴れ 本年もよろしくお願いします

2018年。あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、元日は毎年恒例の「長野県松本市で暮らす両親の様子を見に行く」日。

20180101MatsumotoStation

例年はこれに「甥っ子にお年玉を直接渡す」というミッションもあるのだが、今年は大学受験ということで松本には来ず、横浜の自宅でお勉強なのだそうだ。なので、これは今年は「なし」。「現金書留で送って!」だそうである(笑)。

両親は何とか元気。父親86歳、母親82歳で、入院したり、救急車で運ばれたりしているけれど、今しばらくは、なんとか生きていけそう。
ということで、父親と初詣に行った。

IMG_20180101_134935

前回松本に来たのは8月だった。この間に松本で一番変わったのはイオンモールができたこと。

20180101AeonMall


20180101AeonMall02

オープンしたのは9月だったのだけれど、初売りの今日もまだ人気は衰えず、駐車場は60分待ちだった。

20180101AeonParking

イオンモールにはH&Mも入っているし、ビレッジ・バンガードもスタバもある。当然、都会の店とは品揃えは異なるのだろうが、松本の人にとっては、都会的なこういうお店があることだけでオッケー。
フードコートの他に、ビストロとかフルーツダイニングだなんていう小洒落たお店もいくつも入っているので、この中で食べ歩きするだけでも楽しそうだね。
その分、地元資本の飲食店は干上がっていってしまうのだろうけれど。
父親は、開店早々のこのイオンモールで倒れて救急車で運ばれたのだそうだ。病院に運ばれて心臓とか脳の検査をしてもらっても特に悪いところは何も見つからなかったというから、人あたりしてしまったのだろう。なので、両親にはイオンモールは、なんか印象が悪いらしい。

両親と晩ごはんを一緒に食べて夜8時のスーパーあずさで東京に戻った。今日の車両は12月23日に投入されたばかりの新型車両。

20180101AzusaHead

20180101AzusaTableBack

20180101AzusaConcent
コンセントはあるけど、WiFiはない。
相当軽量化されたのか、めちゃくちゃ揺れた。

私は毎年この松本詣でから1年が始まる。
今年は、1月4日から新しい事業「pop-cul.jp」が始まる。訪日観光客に原宿ファッションとかマンガ、コスプレなどの日本のポップ・カルチャー体験をしてもらう事業だ。

C03POPculLOGO
http://pop-cul.jp/

2020年の東京オリンピック/パラリンピックに向けての国策に乗っかって行なう事業である。これを軌道に乗せるのが当面のミッション。
今年もがんばります。
お引き立てください。
よろしくお願いします。

2017/12/18(月) 晴れ Dyson Pure Hot+Cool が来た

赤坂の仕事場にDyson Pure Hot+Cool がやってきた。

20171218dyson

「Dyson Pure Hot+Cool」は、空気清浄機+温風+扇風機である。
エアコンと併用すると速く部屋が暖まるかと思って両方の電源を入れたらブレーカーが落ちたw
暖房はどっちかだけにしないとダメな、電源が単相2線式で最大30Aまでしか来ていない昭和の建物の悲しさw
空気清浄機能だけならバッチリ動く。

2017/12/15(金) 晴れ きのう届いたiMacは初期不良交換になりました

きのう届いたiMacは、初期不良と認定され、新品と交換ということになりました。

20171215Apple

機械なんだから、どうしても初期不良はあるよね。
箱を開けてセットアップしている最中から、いつも使っているMacBook Airと比べてあまりにも遅いので「メモリーが足りないかなぁ」などと思っていたのだが、Microsoft Office 2016 for Macをインストールする段階で「23時間かかる」と表示され、これはいくらなんでもダメでしょう、と思ってAppleに電話したのだった。

20171214iMac

いくつかのリカバリを電話越しに指示を受けながらやったけれど一切改善は見られず、初期不良ということで交換となった。

急ぎの仕事で使うというわけではなくて良かった。
Appleの電話越しのサポートも、頼りないと言えば頼りなかったが、まぁ他社よりはまし。

新しいMacの到着を待つことにします。
livedoor プロフィール

dennis_jp

消費行動の本
記事検索
  • ライブドアブログ