せっかく、たまに京都に来たのだからと、雑誌で見た万年筆屋さんに行ってみる。

まずは、四条烏丸上るの「Voltaire(ボルテール)」。
20090918_04

青山の書斎館とかの、最近のおしゃれ系万年筆店をめざしてる。母体がカメラ店なのが新宿のキングダムノートと同じで、たしかに、雰囲気は似ている。「筆記具」っていうより、「おしゃれツール」として万年筆を売りたいのかもしれない。特に買いたいものは、なし。

もう一軒。
昭和のにおいの残る京都駅そばの七条商店街の「文明商社
20090918_02

いい名前でしょ?
行ってみると、京都のおばちゃんが万年筆を見せてくれる。大昔の在庫がどこかに残っていそうな気配がしたので、パーカー・デュオフォールドの0.9mmペンシルを所望したけれど、さすがになかった(笑)。
いい感じのお店。
また行ってみたいな。その時も、今日と同じものがそのまま陳列されているような気がするけど(笑)。

20090918_05