アメリカ中毒なもので、定期的にアメリカのにおいをかかがないと呼吸がつらくなる。
今回はLA2泊4日の予定。
何人かの人と会うのと、頼まれた用事1件。

20161025_02

羽田からのアメリカン航空のロサンゼルス行き深夜便を初めて利用した。
友人の間でも比較的評判が良かったのだが、羽田発深夜便アメリカ行きでは、乗ってすぐに食事は出ないものと思っていたが、出た。

20161025_AA

エコノミー・クラスなんで、こんなもんです。

10月26日(水)の深夜1時に羽田を出発して前日19時にロサンゼルス着。これはなかなかいいスケジュールなんだけれども、この羽田の深夜便は10月で終わってしまい、このあとは成田発の便と同じ、羽田夕方発ロサンゼルス午前中着、になってしまうのだそうだ。夜間に残るのは全日空の羽田発22:55発、ロサンゼルス着同日16:50のNH106のみ。全日空は料金も高いから、嫌だな。

到着すると、やっぱり深呼吸をして、アメリカのにおいのする空気を肺いっぱいにまずは貯める。
ホテルに入って、一人で食事して、グッスリ寝ると、翌朝にはもう時差が感じられなくなる。年齢的なこともあるし、2泊くらいなら時差調整なんかしないでおこうかと思っていたのだけれど、勝手に調整できちゃった。

本格的なアメリカ中毒のようです。