約1か月前、2016年12月6日の朝8時40分ごろ、東京都港区の青山三丁目交差点でタクシーが接触のはずみで歩道に乗り上げ、交差点で信号待ちをしていた60代の女性が意識不明の重体になる交通事故があった。

自転車の60代?女性が意識不明の重体 20〜60代の4人けが 警視庁【産経新聞】
20170110_Sankei
http://www.sankei.com/affairs/news/161206/afr1612060011-n1.html

青山三丁目交差点のそばにはもともとエイベックスの本社ビルがあって建替え中だし、そのすぐそばにはフジパシフィック音楽出版の本社もある。音楽業界の中心と言っても良いエリアだ。

今日は、たまたまこの事故を目撃してしまった人と話した。

事故を起こしたタクシーは、以前無印良品が一階に入っていた青山Seizanビルのあたりでお客を降ろして、その後246を渋谷方面に向かおうと外苑西通りを右の方に車線変更しようとしていた。このタクシーに後方から直進してきたクルマがぶつかり、タクシーはそのままベルコモンズ跡地の方に激しく跳ね飛ばされて道路標識にぶつかって止まったんだそうである。
ほんの一瞬のできごとだったそうである。

意識不明の重体になったという女性は、自転車に乗って交差点の最前列で信号待ちをしていたのだそうである。飛んできたタクシーはガードレールをこすって飛んだらしいので、もしこの人が最前列じゃなくてもう少し後ろに立っていたら助かったのだそうである。

この話を聞いて、交差点では一番前に並ぶのをもうやめようと思った。
少なくとも、ガードレールが守ってくれるくらいの所に下がって待とう。
どうもせっかちなのか、交差点では最前列で待つ癖がついてしまっている。これを直そう。

話してくれたこの人は、この事故からもう1か月経つけれど、怖くて街を歩けなくなっちゃったのだそうである。
亡くなったり負傷した方はもちろんかわいそうだが、精神的に負傷してしまう人もいるのだよな、とも思った。