Dennis 50

インターネットで本当にコミュニケーションは変わったのかなあ? 購買行動は変わったのかなぁ? できる限り、実験してみたいと思います。

×

2018/12/04(火) 晴れ パスポートは5年にした

パスポートを更新した。これまでずっとパスポートは期限10年にしていたけれど、今回からは5年にした。
10年間で顔が変わってしまい、これから先10年はもっとじいさん化するは間違いないので「10年前の自分」を晒すのが嫌になったので。

DennisPassport20181203-20231203
今の私

DennisPassport20090302-20190302_02
10年前の私

DennisPaassport1985
ついでに34年前の私。25歳。

日本の自動化ゲートとか、アメリカのESTAとか、パスポートを更新すると取り直さないといけないものが多くって面倒だけれど、それでも古い顔を晒すよりはいいや、と思って。


2018/01/25(木) 晴れ 結局、どうやってもプログラマーの人とはわかりあえないのか?

Facebookで話題になっていたこの本を早速手に入れて読んでみた。
この本を読んだら、プログラマーと仲良く仕事ができるようになったらいいな、と思って。





結果。
暗澹たる気持ちになった。
私には、どうやらプログラマーの人と仲良くやっていくという素養が一切ないようだ。

私が係るソフトウェアはたいてい金儲けのためのものだ。金儲けをするためには、このソフトウェアを使う人が幸せな気持ちにならなければならない。イヤなことを押し付けるようなソフトウェアでは、繰り返し使いたくなる人は少ないし、使ってもらえないソフトウェアではお金が儲からない。

この本の冒頭に、お祝いのカードを発行するソフトウェアの例が出てくる。
自分の名前とメッセージを入力するとかわいいグリーティング・カードができあがり、これをプレゼントすることができるものだ。
プログラムができあがって使用を始めると
グラフィック・デザイナーが設定した寸法では長い名前の人は名前の表記が途中で途切れてしまうことがわかった。その段階で、自動的に文字のサイズを縮小して入力した名前が全文字表示されるように仕様変更すればいいと思うのだが、プログラマーはなかなか言うことを聞いてくれない。「だって、そういう仕様だったじゃないですか?」
メッセージも同様だ。長いメッセージを入れると切れてしまうか、カードからはみ出してしまう。だったら文字カウンターを付けて、自分が今何文字入力していてあと何文字入力可能なのか表示できるようにすればいいと思う。このときにもプログラマーは言うことを聞いてくれない。「他のことはすべてサーバー・サイドで処理できるけれど文字カウンターはクライアント・サイドでないと処理できない。だから、これが必要なら全く別の開発が必要で、この開発は自分の領域ではない」とのたまう。
あ〜あ、私にも全く同じような経験がある。
仕様の決定の段階で、私がそんなに長い名前の人がいるだなんて想像できなかったこと、あ〜悪うございました。「××ちゃん、お誕生日おめでとうっ」以上の文字数のメッセージを入力する人がいっぱいいるだなんて想像できませんでした。はいはい、悪うございました。
やってみないとわからないことなんて、いくらでもあると思うんだけどね。

受託の時、ほとんどは既存の有名サービスを参考にしている。「このボタンを押すとamazonみたいにこうなる」とか「Facebookみたいな画面遷移がすぐにぱっと行われる」とかを希望する。すると、たいていプログラマーからは「amazonやFacebookみたいなインフラが用意できないんならこの速度でこういうことはムリです」とか言われる。僕らがamazonやFacebook並のインフラを持っていないことなんてみんな知ってるよ。あくまで「ああいう感じ」って言ってるんだから、打合せの冒頭で出席者の大半ががっかりするようなこと言うなよ。

もっと困るのは、仕様決定の際にプログラマーが「むずかしい」「ムリだ」というから別の仕様にしていたら完成間近になってそのプログラマーから「当初の希望通りにできましたっ」とか嬉しそうにやってくること。
仕様変更したの知ってるだろ? 変更した仕様で完成させろよ、もう今や変更前の仕様のことなんか誰もこだわってないよ。

この本を読み進めていくに従って、プログラマーの心理、プログラマーが私にやってほしいこと、プログラマーが喜ぶこと、全てわからなくなった。
もう、私は一生プログラマーという種類の人とお付き合いしないほうがお互いのためのような気がしてきた。
私もがっかりのしっぱなしだし、プログラマーの人もストレスを積み重ねていくしかなかろうからね。
プログラマーの人とこの先一切お付き合いしないで職業生活は全うできるのだろうか?

2018/01/24(水) 晴れ 【高島平団地】大雪の後、みんなで雪かき

東京に雪が降った。20cm以上積もるのは2013年2月に27cm積もって以来のことなのだそうだ。

20180123Takashimadaira

高島平団地は高齢者の団地である。1972年に完成して、それ以来ずっと住んでいる人も多いことから、土地柄現役時代は都心の会社に通い、いまでは定年を迎えて長い時間をこの団地で過ごす人が多いのである。

そのためか、こういったときには共同作業が始まる。多くの老人が一斉に雪かきを始めたのである。

20180123Yukikaki
都会ではあまり雪かきをしない。せめて自分の家の前だけでもやればいいのに、と思うのだけれど、どうもそういう意識はないようだ。
ところが、この団地では、こういうときには高齢者が一斉に活動を始めるのである。

困ったことに、老人たちは自分の活動範囲にしか興味がなく、自分が動ける程度にしか雪かきをしないのである。
一夜明けた翌日には、半端に残った雪が凍結してブラック・アイスバーンを形成してしまい、危ない危ない。

20180124
みんな自分の住戸の周囲だけしか雪かきしないから、一番人が集まる駅前は全く手付かず。多くの人が雪を踏み固めるから、もうこの辺はカッチンカッチンである。
20180124TakashimadairaStatiomn

残念ながら、高齢者のコミュニティが出来上がっているのではなくて、自分のことだけ考えていたようである(笑)。

2018/01/12(金) 晴れ お金を送るコスト

甥っ子には毎年必ずお正月に長野県松本市の「おじいちゃんの家」でお年玉を渡してきた。ところが今年は大学受験ということで松本に来なかった。電話で話したところ「お年玉は現金書留で送ってほしい」というので送った。
「LINE PAY」でも「PayPalでもなんでもいいよ」と言ったのだが、お年玉はポチ袋に入った形で受け取りたいみたいだった。

20180112_Post

現金書留だなんて使うのは何十年ぶりだ。
郵便局に行くとまず現金封筒を購入。21円である。
手紙と1万円を入れて窓口に持っていくと、中にいくら入っているか聞かれたので1万円と答えると、料金は512円だという。普通郵便82円と書留代430円だそうである。現金封筒の代金と合わせると533円。けっこうな金額である。

ジャパンネット銀行だと、他行あて3万円未満172円、3万円以上で270円で、ここしばらくでこの金額にすっかり慣れてしまったので、533円の高さにはびっくり。
故あって昨年末に信用金庫とのお取引を始めたのだけれど、信用金庫の窓口からの振込だと3万円以上864円。これは今となっては異常だよね。口座ができてお金が入っていても、キャッシュカードが届くまでは、仕方がなくこの手数料を支払っていた。

送金コストは、なぜ今もこんなに高いのか?
とくに海外送金の手数料である。ジャパンネット銀行からは海外送金ができないので、取引のあるもう一つの銀行であるみずほ銀行から海外に送金すると一律5,500円がかかり、この他に海外で発生する手数料について、「依頼人負担」をお客さまが選択された場合は、別途、コルレス先支払手数料2,500円が必要となるので、しめて8,000円。そうそう簡単には送金したくなくなる手数料である。しかも、事前に「外国送金サービス申込書」および「外国送金明細書」の提出が必要となる。しかも「受取人との関係、送金目的、送金頻度、一回当たりの送金額」等が事前にご提出いただいた外国送金明細書の記載内容と異なることが判明した場合は、お取り扱いできません」とのことである。
インターネット銀行の中でも海外送金ができる銀行もあり、楽天銀行はその一つである。楽天銀行では、ドルなどの外貨で送金すれば1件あたり1,000円で済むのだけれど、海外からの送金の受取には1件あたり2,000円がかかる。
最近は、海外との小口のお金のやり取りは、ほとんどPayPalになってしまった。PayPalだと、お金を受け取るときは海外からで月間30万円以下だと3.9%+1件あたり40円。PayPalから銀行口座にお金を移す時に5万円未満の場合 250円かかる。だけれどそれだけ。10万円受け取るのに3,940円。これでも「安い」とはいえないよね。

こうなると、海外の小口送金はビットコインを使いたくなる。
日本の取引所の場合、GMOコインは送金手数料無料。GMOコインがこれを負担するのだそうである。
bitFlyerは1件あたり0.0004 BTC。本日のBTC/JPYは約170万円だから約680円。coincheckは0.0005 BTCだから850円程度になる。
別にビットコインの相場を張る気なんか全く無いけれど、もう銀行のシステムなんか使う気にもならないよね。

2017/12/15(金) 晴れ きのう届いたiMacは初期不良交換になりました

きのう届いたiMacは、初期不良と認定され、新品と交換ということになりました。

20171215Apple

機械なんだから、どうしても初期不良はあるよね。
箱を開けてセットアップしている最中から、いつも使っているMacBook Airと比べてあまりにも遅いので「メモリーが足りないかなぁ」などと思っていたのだが、Microsoft Office 2016 for Macをインストールする段階で「23時間かかる」と表示され、これはいくらなんでもダメでしょう、と思ってAppleに電話したのだった。

20171214iMac

いくつかのリカバリを電話越しに指示を受けながらやったけれど一切改善は見られず、初期不良ということで交換となった。

急ぎの仕事で使うというわけではなくて良かった。
Appleの電話越しのサポートも、頼りないと言えば頼りなかったが、まぁ他社よりはまし。

新しいMacの到着を待つことにします。
livedoor プロフィール

dennis_jp

消費行動の本
記事検索
  • ライブドアブログ