Dennis 50

インターネットで本当にコミュニケーションは変わったのかなあ? 購買行動は変わったのかなぁ? できる限り、実験してみたいと思います。

食べ物

2016/08/09(火) 晴れ 今年の夏はスーパーのお惣菜の天ぷらが大好き

今年の7月下旬はあまり暑くなかった。昨年の7月下旬は26日に最高気温36度の酷暑日を迎え、翌27日も35度と酷暑日、28日から30日までは最高気温33度から34度だったものの31日にはふたたび最高気温35度を記録して酷暑日となった。

20160809-201507
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/past/13/4410.html?c=2015&m=7


今年の7月は7月3日と7日に最高気温35度超えの酷暑日を迎えたものの、梅雨明けも遅く、最高気温がその後35度を超えることはなかった。
 
20160809-201607
 http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/past/13/4410.html?c=2016&m=7


暑くないせいか、今年はあまり元気が無い。「夏だ、パワーだ、バーバキューだ」とか、そういう気分になかなかなれず、そばとかそうめんのようなものばかりを食べている。

ある日、スーパーのお惣菜売り場で天ぷらを買ってそばといっしょに食べたら、これが実にうまい。
今年は、スーパーの天ぷらを頻繁に買って食べている。

自宅でゼロから天ぷらを揚げるような、そんな素敵なことはできないけれど「スーパーの天ぷらなんて、どうせおいしくない」と決めつけていた。
でもね、そんなことないんだよね。
素材も悪くないし、いろんなネタを1個ずつ買えたりするから、食べ過ぎにもならないしね。第一、専門店などに比べると全然安い(笑)。
味は「専門店並み」とは言わないけれど、相当いける。多分、自宅で温める電子レンジのレベルが上がっていることもあるんろうと思うのだけれどもね。

というわけで、今日も天ぷらをスーパーで買って帰りました。

20160809
 

2016/07/31(日) 晴れ 1個だけ高級品ってダメなんだね

デパートの食品売場なんて普段足を踏み入れることはあまりないけれど、行ってみたら「スジャータ・プレミアム」という、コーヒーに入れるミルクの高級版が売っていたので、買ってしまった。

20160801_Premium

結果は
失敗であった。
高級で、味が強い。
私が普段買える程度のコーヒーに入れると、コーヒーよりも味が買ってしまい、コーヒーが味わえないんである。
万事、バランスなんだよね。
私のレベルのコーヒーなら、コンビニで売っている普通レベルのスジャータの方が良いようである。

2016/07/27(水) 曇り 東京は「まずい店」に甘いのではないか

大阪に行くと、どこの店で何を食べてもおいしい。自分の舌が麻痺したんじゃないかと思うほどだ。でも、そうじゃない。「くいだおれ」大阪の消費者が厳しくて、おいしくないと二度と行かないから、おいしくない店は潰れちゃうのである。
一方東京はどうだろう?
16年前から「全然おいしくない」と思っていた店がまだあるので「ひょっとして、こんなに長生きしているのだから実はおいしくなったのかもしれない」と思って行ってみて失敗した。16年前と同様、またはそれ以上に安い油ギトギトで、おいしくないどころか「まずい」店だった。

20160727

東京には、こういう店が数多くある。
東京には味音痴の人が多いのかなぁ?
こんな店は淘汰されないといけない。

いいお店がつぶれるときに「ああ、残念」という人がいるけれど、つぶれてしまうのはお客が来ないからである。「いい店だ」と思うのならば積極的に行かなきゃ。
一方で、こんな店が生き残っているのである。
いいお店を生き残させるために、いい店には積極的に何度も行き、まずい店には積極的に行かないようにしないとこういうことになってしまう。

2016/07/19(火) 晴れ 病院食はおいしくってはいけない

先週一番おもしろかったのは、スポーツ・コンテンツの件で、管理栄養士さんにインタビューした仕事だった。
本来この日の目的はスポーツ選手の栄養と味に関する話を聞くことだった。
過酷なトレーニングをするスポーツ選手は、油っこくて塩味の強い食事じゃないと満足できない。ところが彼らが満足するだけ塩味をつけていると塩分過多になってしまうことがよくあるのだそうだ。
そんなとき、塩の分量は増やさないで、塩味の反対側の味を減らすことによって、食べた感じは塩味十分の食事ができるのだそうだ。
そういうアレンジをする上で、日本食なら出汁、西洋食ならフォン・ド・ボーといった、味の裏方の偉大さに気がつくんだそうである。出汁をうまく使うと塩をいっぱい使わなくても十分な塩味を感じさせることができるのだそうである。

「タニタ食堂って、なんかそんな感じですよね」と私が言ったら「まさにその通り」とのことだった。

管理栄養士の仕事は多岐にわたっていて、彼女の場合はスポーツ選手のほか、老人の施設や病院のご飯もやっているのだそうである。

20160719_HospitalFood

最近の病院のごはんはかつてより相当おいしくなっているが、本当においしくしちゃダメなんだそうである。「だって、お家よりも病院のほうがご飯がおいしかったら、おじいちゃんおばあちゃんはなかなか退院してくれなくなっちゃうでしょ。病院のご飯は微妙においしくないほうが良いんです」とのこと。

なるほどね〜。

2016/06/16(木) 曇り おいしい店なんだけどトイレの消臭剤が臭う店

おいしいという評判を聞いてあるお店に行ってみた。

20160615

広いお店なのにお客が入口付近にかたまっているので変に思い、それでもお店の奥の方に着席した。
その瞬間わかった。
奥の方にあるトイレから、消臭剤が臭うのである。

「臭いっ」とか言って帰っちゃうのも面倒くさかったので、そのままオーダーして食べた。料理が来るころには、この臭いに慣れてしまって気にならなくなった。
多分お店で働いている人はもっと慣れてしまっていることだろう。
指摘してあげるべきかちょっと迷ったけど、結局何も言わずに出てきてしまった。

確かにそのお店はおいしかった。
おいしかっただけに残念である。
家に帰ってきた今でも、やはり指摘するべきだったかも、と思ってしまっている。

livedoor プロフィール

dennis_jp

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ