Dennis 50

インターネットで本当にコミュニケーションは変わったのかなあ? 購買行動は変わったのかなぁ? できる限り、実験してみたいと思います。

しかたがない

2017/03/14(火) 曇り なぜグローバル企業は日本のことなんかどうでもいいのか?

「America First」ドナルド・トランプ大統領が就任したり、イギリスがEUから脱退したり、フランスやドイツなどで極右的政権誕生の可能性が取りざたされたりしています。この一連の流れが示すのが「アンチ・グローバリスム」です。
「グローバリズム」とは、地球を一つの共同体とみなし、世界の一体化(グローバル化)を進める思想のことです。現代では、グローバル企業が国境なんか関係なく地球規模で経済活動を展開する行為や、自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させる思想などを表しています。
「グローバリズム」は「ネオ・リベラリズム」の考え方の普及と関連があります。「ネオ・リベラリズム」は、市場経済に対して個人の自由や市場原理を再評価し、政府による個人や市場への介入は最低限とすべきという考え方です。
(ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』278-304ページ)

世界を不幸にしたグローバリズムの正体
ジョセフ・E. スティグリッツ
徳間書店
2002-05


ドナルド・レーガン以降のアメリカの歴代の政権はこのような考え方のもと、アメリカに本社を置くグローバル企業が世界の隅々で活動できるように後押しし、その結果我々が使っているパソコンはWindowsマシンかAppleなどのアメリカ企業のもの、使っているソフトウエアはMicrosoft Officeなどのアメリカ企業のもの、使っているサービスはGoogleやFacebookなどの、これまたアメリカ企業のもの、という風になっていったのです。
現在アメリカで成功しているグローバル企業のほとんどは根底に「ネオ・リベラリズム」の考え方があり、政府による個人や市場への介入は最低限とすべきという考え方です。

これらの企業にとって非常に邪魔なのは各国の政府や国ごとに異なる法規制や商習慣です。
いくら大きなグローバル企業といえどもリソースは限られていますから、同じ努力でスコスコと売れるマーケットにならいくらでも肩入れするけれども、頑張っても頑張っても売れないマーケットに関してはどんどん腰が引けていき、場合によっては撤退ということになります。
2016年にアメリカの自動車メーカー、フォードが日本市場からの撤退を表明しましたが、これなどがこの代表です。

グローバル企業から見えているグローバル・マーケットとその中での日本マーケットの位置と言うのはどのようなものなのでしょうか?
例えとして、いま日本全国を相手にしている企業に対し、ある地域だけが特殊なルールを定めて「こうじゃないと商売できない」という事態になったらどうなるかを考えてみましょう。
世界のGDP合計は日本円換算で約8000兆円です。
それに対し、日本のGDPは約500兆円です。世界に占める日本の割合は約6.5%ということになります。
こういう県を日本で探してみると、愛知県が該当しました。愛知県の県民総生産は35兆4475億円で、日本のGDPの約7%を占める県なんです。
 
この愛知県が、たとえば「地元企業の出店ならいいけど、それ以外の地域に本社のある企業の出店禁止」とか「環境保護のため愛知県産の木材だけを燃料とする自動車しか売っちゃダメ」とか「愛知県では地元企業以外のプリンタやコピー機を使ったらダメ」などというルールを作ったら? 
または、ルールじゃないけど「地元のトヨタが強すぎてホンダも日産も全然売れない」とか「食習慣が他の地域と違いすぎて、赤味噌とソース以外の調味料が全然売れない」とかいう、人々の気持ちが他の全国と全然違っていたら?
愛知県だけに特別の製品とかサービス、仕様を用意しなければいけなくなりますね。だとしたら日本企業はどうするでしょうか?
ホンダや日産は愛知県向けに愛知県産の木材が効率よく使える木炭自動車を開発するのでしょうか?
キヤノンやエプソンは愛知県に本社を移すでしょうか? または、愛知県のために独立した法人を作り、ここで生産したプリンタやコピー機を愛知県のためだけに供給するでしょうか?
キッコーマンや味の素は愛知県マーケットのために、赤味噌やソースを開発して売るでしょうか?

この「全体の6%とか7%」というのが実に微妙な数値ですね。
「愛知県は非常に重要なマーケットだから愛知県に投資して商売を伸ばそう」という会社と「愛知県には割くリソースはもったいないから、同じ努力で普通に売れる他県で頑張ろう。ついては愛知県からは撤退しよう」という会社の両方がありそうです。

昔の日本はすごかったです。
世界のGDPに占める日本の割合はもっともっと高かったのです。
20170314_GDP_Share_USA_China_Japan
http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2009/2009honbun/html/i3110000.html

一番のピークは1994-95年の18%。この頃は、世界の富の2割近くをこの日本が生み出していたのです。2割近くもあると、本社も「日本のマーケットが多少特殊だろうが、かわった商習慣があろうが、ここに投資して、リソースもここに割こう」と考えます。ところが6%とか7%で、しかも商売には相当の努力が必要だとなると、このマーケットに腰が引ける可能性が高くなってしまいます。
今の世界における日本は、日本における愛知県と同じようなものなのです。
あなたが日本全体をマーケットとする企業の経営者なら愛知県はどう扱いますか?
あなたがグローバル企業の経営者なら日本はどう扱いますか? もし「私が日本出身だから日本は重視する」と言ったら、それは株主からなんと言われますか?

2017/01/17(火) 晴れ 「検査のスケジュールを延ばしてもらえませんか?」

20170117

定期的に内科に行って検尿と血液検査、CTスキャンの検査をしているのだけれど、今日行ったら「今日は検査室にはインフルエンザ疑いの患者さんが大変数多くみえています。菅原さんの検査は定期的に行っているので、特に今日でなければいけない、という訳ではありません。ここは、申し訳ないのですが、半月くらい検査のスケジュールを延ばしてもらえませんか? 感染リスクを抑えるためです」と言われた。

インフルエンザに感染するリスクなんか低いほうが良いので、合意して、半月後のスケジュールを決め直した。

最近は院内感染が多く、病院も大変なようである。

2016/05/21(土) 晴れ 大型書店が閉店するのはインパクトが大きい

紀伊國屋書店新宿南店の日本語の本の売場がなくなってしまって、洋書売場だけになると聞いたので、久しぶりに行ってみた。

20160521_Kinokuniya

紀伊国屋書店、新宿南店を大幅縮小 7月下旬 (日本経済新聞社、2016年5月13日)

このお店ができたのはつい最近のような気がしていたのだけれど、実は1996年。タカシマヤタイムズスクエアの完成とともに開店していたのだった。ああ、もう20年。20年賀あっという間のことに感じるというのは高齢の末期症状だわ。まずい。

20160521Takashimaya_Times_Square

ここには、紀伊國屋サザンシアターもある。紀伊國屋書店創業者の田辺茂一さんが演劇に力を入れていて、紀伊國屋書店では紀伊國屋演劇賞を主催し、新宿東口の紀伊國屋ホールと、この紀伊國屋サザンシアターと劇場を2か所経営しているのである。

なくなっちゃうと悲しいな、とは思うのだけれども、実際にはあんまりこの店舗には足を運んでいない。
便利で大好きだった渋谷の東急プラザの紀伊國屋書店渋谷店がビルの建て替えにともなって閉店して以来、そもそも紀伊國屋書店に行かなくなっちゃった。やっぱり本屋は駅のそばじゃないとなぁ。最近は恵比寿の駅ビルにある有隣堂とか有楽町の駅前の三省堂書店、東京駅の前の丸善ばかりに行っている。
池袋の西武百貨店のLIBROの跡地に三省堂書店ができたけれど、ここは照明が嫌いで行っていない。低い位置から本にスポットライトが当ててあって、気になる本を手に取ろうとすると自分の影にその本が入ってしまい、見づらい。

少し前に高田馬場の芳林堂書店がつぶれてしまったけれど、大型書店の閉店が相次いでいる。駅前のパパママ書店は淘汰されてしまってもしかたがないな、と思うけれど、大型書店の閉店はインパクトが大きいなぁ。本はネットで探す時代になったんだよなぁ。

紀伊國屋書店新宿南店の跡地にはニトリの入居が噂されている。

ニトリ、紀伊国屋書店・新宿南店跡地に熱視線
大家の高島屋と賃料を巡り、ギリギリの交渉 (東洋経済、2016年5月17日)

家具のような、実際に見ないと買いたくないものはやはり店舗なのだろう。三越が新宿から撤退した時に跡地が大塚家具になったこともあったよね。
オンラインで買えるものは何でもオンライン、という風になるのであれば、街から店舗がなくなってしまう。お店のない街って、なんか寒々しいなぁ。
これまでも考えてきたけれど、これからも「店舗のある意味合い」を考えていきたい。そのためには本当は「店舗の中の人」になってみて、人々が店舗に求めることと求めないことを肌で理解するようにしたいなぁ。 

2016/04/07(木) 曇り ダレ得? パナマ文書

「パナマ文書」事件は、自分には全く火の粉がふりかかってこない世界の話なので、実におもしろい。

「パナマ文書または「パナマ・ペーパーズ(Panama Papers)」とはパナマの法律事務所、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)によって作成された一連の機密文書である。
文書は1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に上る。文書にはオフショア金融センターを利用する21万4千社の企業の、株主や取締役などの情報を含む詳細な情報が書かれている。これらの企業の関係者には多くの著名な政治家や富裕層の人々がおり、公的組織も存在する。合計2.6TBに及ぶ文書は、匿名で2015年にドイツの新聞社「南ドイツ新聞」に漏らされ、その後、ワシントンD.C.にある国際調査報道ジャーナリスト連合 (ICIJ) にも送られた。80か国の107社の報道機関に所属する約400名のジャーナリストが文書の分析に加わった。2016年4月3日、この文書についての報道は149件の文書とともに発表された。関連企業・個人リストの完全版は同年5月初めに公開される予定なのだそうだ。

この件では、ロシアのプーチン大統領のウラジーミル・プーチン本人の名前はないものの3人の友人の名前は文書にあったり、習近平中国共産党総書記の義兄、李鵬元中国首相の娘、デーヴィッド・キャメロン英首相の亡父、ナジブ・ラザク マレーシア首相の息子、ナワーズ・シャリーフパキスタン首相の子供たち、エンリケ・ペーニャ・ニエト メキシコ大統領の財政的支援者、盧泰愚元韓国大統領の息子、コフィー・アナン元国連事務総長の息子など、政治家の親族の名前が多数掲載されている。

この件を調べていて「あれっ?」と思ったのは、この地図だ。

Countries with politicians, public officials or close associates implicated in the leak on April 3, 2016

svg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E6%96%87%E6%9B%B8#/media/File:Countries_implicated_in_the_Panama_Papers.svg

この地図で色が付いているのは世界の国家の首脳や官僚、またはその係累が4月3日のリークに掲載されている国なんだけれど、これにアメリカが入っていない。パナマの法律事務所なら、本当はアメリカのお金持ちがぞろぞろ出てきて普通でしょう。
ウィキリークスはこの件に関して「今回のプーチン攻撃はUSAIDとソロスが仕掛けたものだ」とツイートした。



USAID(United States Agency for International Development)とは、アメリカ合衆国のほぼすべての非軍事の海外援助を行う政府組織である。「ソロス」とは元投資家のジョージ・ソロスのことである。ジョージ・ソロスは現在は国籍を取得してアメリカに住んでいるがハンガリー出身で、経済学の世界の最高学府の一つであるロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのPh.D.である。彼は、ソビエト連邦の崩壊に西側のアドバイザーとして大きな役割を果たした。現在は自らの名前をつけた「ソロス・ファンド・マネジメント」での投資活動から引退して、外部投資家からの資金は全額返金している。哲学者、自由主義的な政治運動家、政治経済に関する評論家としても広く認められており、自身を「国境なき政治家("stateless statesman")」と称している。
(詳しくは https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%82%B9 で)

海外援助先の不正に問題を抱えるUSAIDと、特に最近のロシアのプーチンを問題視したソロスがリークした??? だから、アメリカの政治家は出てこない??? ーーー話として面白いけど、どうかなぁ?

かわいそうなのは、悪いことをしていないお金持ちたち。
サッカー選手のメッシやF1ドライバーのニコ・ロズベルグ、俳優のジャッキー・チェンなど。政治家の不正を暴かれる”ついでに”リストに載っちゃった。
彼らはスポーツとか俳優活動をして得たまっとうなお金が山ほどあるわけだけれど、お金持ちのためにはプライベート・バンクがある。うなるほどお金を持っちゃっている人のお金を預かり、価値を減らさないように有利に運用してあげる銀行である。もちろん価値が増えると喜ばれる。
多分メッシもニコ・ロズベルグもパナマの法律事務所になんか行ったこともないし、名前も知らない。自分がこの法律事務所のリストに載っていることも知らなかったんじゃないだろうか。
プライベート・バンクからは時に書類にサインを求められるからそれに応じてはいるけれど、自分のお金がケイマン諸島に行っているのかパナマに行っているのか、シンガポールに置いてあるのか、なんて知らないはずだ。 いい迷惑である。

もう秘匿なんてできない世の中になってしまったね。たまたま今回このようなカタチで表に出てしまったけれど、せっかく隠したはずのものがポロッと出てきてしまう。クラウド上に置いておいた作りかけの音源もリークされちゃうし(マドンナ)、企画中の映画の台本も出てしまう(タランティーノ)。運用を任せたお金のありかも本人も知らないのに出てしまう。 プライバシーを守るのには、物理的な隠遁生活をして、誰も訪ねてこれないような地球の果てに移住しないともう無理だね。そういうところに住んでもドローンが飛んできて映像を撮られちゃうかもしれないけど。

 
livedoor プロフィール

dennis_jp

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ