Dennis 50

インターネットで本当にコミュニケーションは変わったのかなあ? 購買行動は変わったのかなぁ? できる限り、実験してみたいと思います。

アメリカ大好き

2016/11/10(木) 晴れ #CalExit

アメリカ大統領選挙の当選決定から一日が過ぎた。
私はデスクでは、普段インターネットを使ってロサンゼルスのラジオを聞いていることが多いのだが、トーク番組や視聴者電話参加番組の中で「CalExit」という言葉が多く使われるようになった。

今回の大統領選挙の結果を受けて、アメリカ合衆国からカリフォルニアは独立しよう、という動きである。
EUからのイギリス(グレート・ブリテン)の脱退が「BriExit」と呼ばれたのにならって、「CalExit」と言われるようになっているのだ。

Yes California CalExit Blue Book」というウェブサイトも立ち上がっている。
20161110_CalExitBlueBook
http://www.yescalifornia.org/

2019年春にカリフォルニア州のアメリカ合衆国からの独立に関する世論調査を行う考えを示しているサイトである。

カリフォルニア州の経済規模は国換算すると世界6位。ハリウッドもあるし、シリコン・バレーもある。
朝のラジオ番組の電話参加の聴取者は「これにワシントン州を加えたら最高だわ、マイクロソフトもスターバックスもある」なんて言っていた。

こういうことはもちろんSNSでも広がっていて、「#CalExit」付きの投稿がザクザク見つかる。
Twitterでもワシントン州などの西海岸時間を使っている州とハワイをプラスして独立しようという人もいた。



私のこれからの仕事の舞台はハリウッド。もちろんカリフォルニア州である。
この独立活動、応援しちゃおうかな。

2016/11/09(水) 晴れ ドナルド・トランプが大統領に選ばれてしまった

今日はアメリカ大統領選挙の投開票の日。
アメリカ相手に商売をしようとしている今の私にとってはアメリカの政治体制は大きな影響があるので、仕事を休みにして朝から開票の様子をCNNテレビで見つめていた。
手元のタブレットにはニューヨーク・タイムズの大統領選挙の予測画面を写しだしていた。
(以下の図版はすべてここから)

私はトランプが大統領になると商売上たいへん困るので、クリントン当選を信じてテレビを見始めたのだが、日本時間の午前11時半にニューヨーク・タイムズの予想画面で、トランプがクリントンを逆転した。

20161109_1130

これ以後、気分は暗澹たるものに。
以後、あっという間に予測は「95%以上トランプ」へと変わっていった。
以下の図は同じグラフィックスの13時過ぎのもの。 

20161109_1300

結果はご覧のとおり、トランプが勝利した。

20161109_Result
 
トランプが大統領になると、彼の方針は「America first」で、鎖国主義的なものである。
我々のように、海外国籍でアメリカで商売する者が大変になるのはまちがいない。
ビザも取りにくくなるだろうし、さまざまな外国製のものに対する規制がかかる可能性がある。
ビザのルールの変化は私は一度経験がある。
1980年代、レーガン大統領時代は「外国から優秀な人を入国させる」ということで、私も就労できるビザを得ていた。しかし、その後同じ共和党ではあるがブッシュ(父)が大統領になると政策がかわり、ビザが大変出にくくなったのである。

トランプの選挙公約を日本語でわかりやすくまとめたウェブサイトがないかと探したら、こんなのがみつかった。

トランプ大統領の公約一覧

・中国・日本を始めとするすべての輸入品に対して20%の関税をかける。 
・大統領選に勝利・就任初日に、中国を「為替操作国」に認定する。 
・中国のハッカーや模造品に対して規制を強化。 
・中国からの輸入品には45%の関税。 
・中国の冒険主義を思いとどまらせるために、東シナ海と南シナ海での米軍の存在感を高める。 
・米国・ロシア間の協力を増やす。 
・メキシコ国境では35%の輸入税を課す。 
・メキシコとの国境に万里の長城を築き、不法移民を認めない。 
・不法滞在者のメキシコ送金は押収し、メキシコ人の労働ビザや越境手数料を引き上げる。 
・イスラム教徒は入国させない。 
・シリア難民は受け入れない。 
・イスラム国はやっつける。資金源である石油を爆撃。 
・尋問について、米国法で禁じられている水責めなどの方法を支持。 
・医療目的でのマリファナ合法化を許可する。 
・連邦政府の支出の無駄を削る。 
・米軍の規模と能力を拡充する。 
・日本へは米軍による防衛費を要求する。年5,830億円全額だ。 
・もちろん韓国も一緒だ。 
・TPP(環太平洋経済連携協定)はゴミ箱へ放り込む。 
・法人税の最高税率を35%から15%に引き下げ。 
・年収2万5千ドル未満の単身世帯と年収5万ドル未満の夫婦世帯は所得税を免除する。 
・税制簡素化、及び減税(但し、富裕層は増税)。 
・相続税は排除。 
・金持ちだけが利用できる税の抜け道を潰していく。

私のビジネス作戦は、トランプ大統領就任を機に、変更をすることにする。
トランプが大統領として数々の失敗をし、次の選挙では選ばれない、という方に賭けてみる。
2021年、東京オリンピックの翌年、トランプの次の大統領のもとでトランプ的でない政策が実施される時のために、バッチリ準備をすることにする。
2021年、私62歳。
思っているよりも2年遅いアメリカ再デビューである。

2016/10/27(木) 晴れ ロサンゼルスは工事だらけ

東京だと、買い物のために時間を取るのはなかなかむずかしいのだけれど、ロサンゼルスだと可能。日程が余裕があるからね。

ショッピング・モールにも行ってみるのだけれど、どこも工事中だらけ。

20161027

20161027_03

20161027_02

活気のある街には工事は欠かせないのだね。

ロサンゼルスに電車が走っているのにもまだ慣れないしね。

20161027_04

この電車には、まだ乗っていない。
なんか、面倒くさくて。

2016/10/26(水) 晴れ ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムのドナルド・トランプの星が壊され、修復しているのを偶然見てしまった

ハリウッド・ブルヴァードを走っていたら、ニュース各局の中継車がたくさん停まっていた。なんか黄色いテープの規制線のようなものも見えたので「なんだ、なんだ」と近寄ってみた。

20161026

誰かのウォーク・オブ・フェイムの星が破壊されて、その修復作業をしていた。
そのときには誰のかわからなかったけれど、なんとドナルド・トランプのだった。



とりあえず、修復後はこうなったみたい。

20161026_HollywoodReporter
Donald Trump's Walk of Fame Star to Be Replaced After Being Destroyed by Vandal

このトランプの星は、選挙活動が始まってから何度も壊されているのだそうだ。
 

今度の大統領選挙の候補者には、本当に困ったもんである。
 

2016/10/25(火) 曇り アメリカ中毒なもので

アメリカ中毒なもので、定期的にアメリカのにおいをかかがないと呼吸がつらくなる。
今回はLA2泊4日の予定。
何人かの人と会うのと、頼まれた用事1件。

20161025_02

羽田からのアメリカン航空のロサンゼルス行き深夜便を初めて利用した。
友人の間でも比較的評判が良かったのだが、羽田発深夜便アメリカ行きでは、乗ってすぐに食事は出ないものと思っていたが、出た。

20161025_AA

エコノミー・クラスなんで、こんなもんです。

10月26日(水)の深夜1時に羽田を出発して前日19時にロサンゼルス着。これはなかなかいいスケジュールなんだけれども、この羽田の深夜便は10月で終わってしまい、このあとは成田発の便と同じ、羽田夕方発ロサンゼルス午前中着、になってしまうのだそうだ。夜間に残るのは全日空の羽田発22:55発、ロサンゼルス着同日16:50のNH106のみ。全日空は料金も高いから、嫌だな。

到着すると、やっぱり深呼吸をして、アメリカのにおいのする空気を肺いっぱいにまずは貯める。
ホテルに入って、一人で食事して、グッスリ寝ると、翌朝にはもう時差が感じられなくなる。年齢的なこともあるし、2泊くらいなら時差調整なんかしないでおこうかと思っていたのだけれど、勝手に調整できちゃった。

本格的なアメリカ中毒のようです。

livedoor プロフィール

dennis_jp

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ